DMM mobileへMNPしました! 5GB+音声+本体付きで月々3,266円!!

DMM Mobile - 1

毎月当たり前の様に支払っている通信費。ここしばらく家計の通信費の占める割合に疑問を持つようになってきた。高くない?と。

通信料が家計を占める割合が大きくなってきた

毎月の通信量が高い。

俺とカミさんの2台合わせて15,000円。しかもカミさんの本体代は全額支払い済なので、まだ安い方なんだよね。

加えて固定回線代わりのWiMAX2は3,400円程。こちらは安い。合計、毎月の通信費に約2万円を支払っている状態で。

一般的に携帯電話に毎月支払う額は月々7,000円〜1万円。7,000円は最低プランにした場合。本体代の分割が残っている場合に機種変した人など1万円を超える人もザラにいる感じで……。

そこでいまモバイル通信業界で注目を浴びているのが、「MVNO」という格安SIMを契約する方法です。

MVNOとは

MVNOとは「Mobile Virtual Network Operator」、日本語では「仮想移動体サービス事業者」を指します。 携帯電話回線などの無線通信基盤を他の通信事業者から借り受け、独自のサービスをくわえて提供する企業のことです。 その多くが携帯電話会社との直接契約よりも割安なモバイル通信サービスであることから、MVNOという言葉は「格安SIM」という意味合いで利用されています。

「MVNO」とは – いまさら聞けないスマートフォン用語 | マイナビニュース

ですって。大体ドコモ回線を借り受けて運用しているケースが多いですが、auを借り受けて使う場合もあります。ソフトバンクは今のところ聞いたことがないですね。

各社検討するために作ったメモを貼り付けておきますね。もっとありますが検討したところ。ということで。

いろいろ悩んだ結果、品質に定評があるみおふぉんをバックボーンの『DMM Mobile』に決定しました。

決めた理由は以下。

  • 低速時でも「バーストモード」のお陰で読み込みが速いと評判
  • SIMフリー端末と一緒に買える
  • 高速⇔低速の切り替えが簡単(高速通信時は容量が決まっているクーポンを使用するため)

でした。

参考→[N] 【IIJmio】数カ所でスピードテストしてみた(クーポンオフ速度200Kbpsで何ができるか?)

ドコモのiPhoneかAndroid端末を別途用意することも考えたのですが、結果こちらにしました。

ソフトバンクでMNP番号をもらい、手続き。

音声付きプラン5GBを契約。

1,970円(5GB)+本体代 1,296円

Android端末付きで、月額 3,266円です。安い!!いままでの3分の1じゃん。。。。。

ということで手続きから3日で届きましたよ!

ちなみに、Android機はIngress&着信受ける用で、これまで使っていたiPhoneも併用致します。2台持ち。

とどいた

こんな箱。端末も一緒に買ったので箱で届きました。

DMM Mobile - 2

SIMカードと本体のシンプルなパッケージ。

DMM Mobile - 3

購入した本体は『freetel XM』という、なんかIngressっぽい名前。運命。

「おれ、このAndroid機でエキゾチックマターをたくさん集めるんだ………」

DMM Mobile - 5

ドコモのSIMカード。……マイクロSIMというもの。しまった。iPhoneに挿せないやつだ……( ꒪⌓꒪)w

DMM Mobile - 4

同梱物はこちら。簡単なペラ説明書とMicro USBでしたよ。

DMM Mobile - 6

すっきりした

DMM MobileにMNPしたよ。という話でした。月額費用も抑えられてかなりスッキリですね。

こんなに安く抑えられますがSIMフリー端末の調達方法がまだ難ありですね。オークションで買ったり中古の白ロムを買ったり、AppleでiPhoneのSIMフリー端末(約10万円)を買ったり………( ꒪⌓꒪)

それでは、快適な格安SIM生活を初めていきたいと思います。

追伸:200kbpsの低速モードでもIngressができたことをお伝えしておきます。やったぞ。

DMM mobile

下記ボタンからRSS登録をすると最新記事を見逃しません。
follow us in feedly

About kentaro_jp

ここまで読んでくれてありがとうございます。 橋本 憲太郎ともうします。 1983年生まれのO型。札幌生まれ札幌育ち、現在埼玉在住。沖縄が実家。なにを言っているかわからないが、そういうことだ。 詳しくはコチラをどうぞ→プロフィールを見る

Comments are closed.