「Apple Watch」は時間を生み出せる。

Apple Watch Time - 1

ついに発表されてしまいましたね。Apple Watch

夜中はこんなことをやらせていただきました。ありがたやありがたや。
Apple発表会まとめ。Apple Watchは4月24日発売! 新型12インチMacBook登場! | iPhoneアプリ/iPadアプリをおすすめするAppBank

り、リアルタイム更新は初めてだったんですが、良い経験になりました。ふぅ。
また機会があればよろしくお願いします。

で、目玉のApple Watchが出ましたね。世間での盛り上がりはわからないですが、俺はこのデバイスで人生が変わるとさえ思っています。

それはなぜか。

iPhoneがやっていたことを請け負うことで、今まで失っていた時間を作るポテンシャルがあるから。です。

Apple Watchができること

Apple Watchができることは大きく3つあります。

1つ、適切な形で時間を表示する。

2つ、iPhoneの変わりにコミュニケーションを取る。

3つ、心拍数や歩数など体の様子を記録する。

です。

普通の時計ができるのは1つ目だけ。しかも時間を表示するだけなら、100円の腕時計でも良いかなと。狂わない限り完璧に仕事をこなしてくれるはず。でしょ。

Apple Watchはさまざまなニーズに合わせた「時計の顔」を準備しています。これは単純に面白いし、色んなデザイナーが盤面を売り始めると、新しい市場ができると思います。とても楽しみ。

▽Apple公式ページの一例。
Apple Watch Time - 2

3つ目の「体の記録」も嬉しい。俺は会社で貸してもらっているUP24を四六時中つけていますが、歩いた歩数や睡眠時間を毎日見るのが日課になっています。記録するのが楽しいというか、データで残すことにモチベーションを感じる的な何か。ですね。

この体調管理的なヘルスケア機能でも時間は作れると思うんだけど、趣旨と違うのでここでは割愛します。

▽「立った」、「動いた」、「激しい運動」でカラフルなサークルができる
Apple Watch Time - 3

iPhoneの変わりにやってくれること

大きいのは2つめ。「iPhoneの変わりにコミュニケーションを取る。」です。

例えば、恋人と時間を過ごしているとき。
お互いiPhoneをいじっているような人いますよね。マジ意味分かんないんだけど、いますよね。

「恋人が居るのになにしとんじゃ。お話に夢中になるなり、今夜の為に口説くなりしろや」みたいな。今、二人の時間を大事にしようよ。って思うんですよ。(理解したのは最近だけど)

それは論外としてもiPhoneのちょっとしたメールとか電話とかのやかましい通知が来て、iPhoneをチラ見しちゃう人いますよね。見ることは全然問題ないんですが、そのとき知りたいのって結局、最優先かどうか?なんすよね。

彼女や奥さんを前にしてiPhoneにくる通知が最優先ってことは、そうそう無いとは思いますが「一応確認して安心したい」だけなんですよね。

そこで紳士は「失礼」って言ってチラっと確認してスグしまう。で「ごめんね」とフォローを入れます。やります。いま、俺の頭ではある紳士の姿が思い浮かんでいます。

で本題。Apple Watchがあればケータイのチラ見すらしなくなるんですよ。これってすごくないですか?

超紳士ですよね。

Apple Watchない時

愛するパートナーと見つめ合って話している→iPhoneなんか通知なる→「おっと」と言ってパートナーから目線逸らす→左腕を大きく引いて肘を曲げ、手はポケットに向かう→ポケットに手を突っ込む→iPhoneを取り出す→「あ、ロック画面に表示してなかった」→ロック解除暗号打つ→開く→メール?LINE?見る→なんだよハート送れってかよ。しらねーよ!→iPhoneをポケットにしまう→「ごめんねハートがさぁ」→「私にもリアルでハート送ってくれないの?」→「いやいやあはは」(ここまで15秒)→見つめ合う→iPhoneなんか通知なる→「おっと」(以下無限ループ)

ふう。

Apple Watchある時

愛するパートナーと見つめ合って話している→Apple Watch「トントン」→まだ見つめ合って真剣に話している→「うーん。それはね・・・」と考えるフリしてApple Watchをチラ見(目を逸らした時間0.5秒)→見つめ合う→「あなた大好き!!」→子孫繁栄

てな感じなんですよ!!!!!!

Apple Watch Time - 4

たかが毎回15秒程度だったとしてもそれまでに作り上げた空間とか、雰囲気とか。話しの流れは確実に折れますから総合的に考えると時間を損しているんですよね。

人前でスマホを出さない云々の前に現代人はスマホ依存症なところがあり、ずっと触っていないと落ち着かないとか思っちゃっているわけで。

先日ブログでも書いた「今」に集中するってことにかなり合致したガジェットだと思っているんですよね、俺は。

「今」を生きることを覚えました

普段からスマホの通知をオフにして、見るときと見ないときのオンオフをしている人は素晴らしいと思います。そんな人でも電話が鳴ったら出ちゃうわけで。

なので俺は最新鋭の未来的ガジェットという位置付けというよりは、「今」という時間を楽しむための道具としてとても興味があります。

この小さい画面でなんでも無理して便利に使おうとする感じではなく、人生をちょっと豊かにするためのアイディアが詰まっているようなガジェットだと感じている。身に付けるものだからできるだけシンプルで気が散らないようにしているハズだし。

腕時計も「時間がすぐわかる」という道具としての役割に「身につけていて気が引き締まる」とか「落ち着く」とか「心が安らぐ」のような付加価値があると思うんだよね。Apple Watchも基本そんな感じだと思う。便利だけ追求するんなら、200万も出せないって。

話しは逸れるけどApple製品の高級感とか仕上げの丁寧さって、そういう「人が持っても違和感を感じない」とか「純粋な持つ喜び」を追求した結果なのかしら?と信者な俺は思います。

Apple Watch Time - 5

というわけで、Appleの新しいデバイスのApple Watchが楽しみです。

ほかのスマートウォッチも俺が言った時間を作ることができるかもしれないけれど、真の意味でiPhoneと連携しているものがやっと出たので嬉しくていろいろ書いちゃいました。

それではこのへんで。けんたろーでした。

下記ボタンからRSS登録をすると最新記事を見逃しません。
follow us in feedly

About kentaro_jp

ここまで読んでくれてありがとうございます。 橋本 憲太郎ともうします。 1983年生まれのO型。札幌生まれ札幌育ち、現在埼玉在住。沖縄が実家。なにを言っているかわからないが、そういうことだ。 詳しくはコチラをどうぞ→プロフィールを見る

Comments are closed.