「誰かと比較しないで、突出する。」第8回NoSecondLifeセミナーに行ってきました。#nsl8

写真 2012 09 23 14 09 57

こんばんは。けんさん事@kentaro_jpです。
まずは、昨日沢山のセミナー参加者の皆様。お疲れ様でした。

そして、超人見知りなこの私と名刺交換をしてくれた方々。

本当にありがとうございます。

あの名刺の情報量の少なさにめげることなく、これからも繋がっていって欲しいものです。


普通のサラリーマンが自由なフリーランスになる方法

あっという間の3時間。とても時間配分が配慮されていて、聴いていて飽きのこない講演でした。ほぼ一人でこなした立花さんは恐ろしくも頼もしく見えた。

聴いていて強く感じたのが、立花さんの

とても通る声で、耳障りが良い。嫌みが全くないので疲れない。不思議な感じ。
良い意味で女性的な安心感を与える声だったように感じました。

安心感の中に刺激的な内容。何度かプレゼンの中の現実的なキーワードが出て来た時は胸に込み上げるものと、鳥肌が立ったのを覚えています。痛いとこ突かれました。

そんな僕が気になったキーワードをいくつか抜粋。

あなたはもっと自由になれる〜サラリーマンとフリーランスの違い〜

•仕事に関する考え方。

予想以上に大違いだった。
完全に別の生き物と考えた方が良いと断言していました。

サラリーマン=仕事を与えられて対価を得る。

フリーランス=仕事を見つけて対価を取りに行く。

生き方 仕事 働き
サラリーマン 頂く 受動
フリーランス 生み出す 能動

コレだけ見ても別の生き物だとわかって貰えるハズ。

メリットとデメリット

サラリーマンのメリット
•安定収入
•個人では到底できない大きなお金が動く仕事
•新入社員は勉強しながらお給料が貰える
•賞与あり。。。。

デメリット
•他人が収入を決定。
•業務内容を自分で選べない。
•住む場所を選べない。
終身雇用は成長を妨げる
•会社が破産するとメリットが全て消える。

メリットがデメリットを上回っている限り、サラリーマンを辞めたりする事はなかなか考えないと思う。
しかし、自分の中でのデメリット項目が、デメリットだという認識が大きくなると真剣に考える時が来たのかもしれない。

立花さんの質実剛健なフリーになる戦略

ここまでのメリット、デメリットはごく一般論であり、なるほどなと思うところだと思う。
しかし、これだけだと漠然とサラリーマンの安定も夢物語になってきたなー。。。独立すっかー。という曖昧な感覚になる。それが立花さんは8年も続いたという。
誰しも会社に縛られたくないと思った事は一度はあると思う。
そして考えるも、フリーの良いところばかり、サラリーマンの悪いところばかりおいかけて地に足の着いていないまま会社を辞めてしまったりして失敗する。

立花さんのフリーになるにあたっての心がけ

•時給仕事はしない。
•どんなに暇でも忙しそうにする。
•営業活動はしない。
•時間単価を上げる意識を持つ。
•なんでもやります。は厳禁。

どんなにお金がなくて恐怖があってもアルバイトはしない。フリーになった意味が無い。

暇をつけ込まれると安い仕事が来るようになり、時間単価を下げられる。
誰でも24時間しかない。せいぜい働ける時間はどんなに
頑張っても16時間。
時間単価が下がると働いても働いても収入は上がらない。

時間では無く、成果。

僕も経験があるのですが、5時間かけて書いた記事より出勤前に思いつきの10分そこらで書いた記事の方がPVが多く、拍子抜けした事がある。

この記事に5時間かけたから、2万PVくれ。という世界ではない。

サラリーマン時代は結果もそうだが、過程や努力姿勢、俺可愛いでしょ?が評価される事が多く、うち、成果主義だから。といいつつ実際そうでは無い事も多い。

残業なんか特にそうで、残った分というか、会社に居た時間分の給料が貰える。

稼ぐ=残業するの図式になっている、きっちり残業代が出る幸せな会社に居るサラリーマン。

残業代が出る事は良い会社に居るという事だけど、いい加減、残業しないと生活苦しくない?と俺に話しかけるのを辞めてもらいたいところですね。

フリーになるとそんなの一切関係なくなる。

何時間かけようが、5分で終わらせようが、成果のみで評価される。

それに耐えられない人は向いていない。

若い方へ。。。ファッションノマドはクズ。

Oh…..!僕の「スタバでドヤ顔iMac」発言が届いているかどうかわかりませんが、スタバでMacを広げて悠々と仕事をするのがフリーランス。という意識は捨てる。
それで仕事をした気になっている若者が多く社会問題になっているとの事。

え?!マジで!?
そんな時代に?

実際家の方が捗らない……?
•無線LAN完備(60メガくらい出ている)
•コーヒー飲み放題(カミさんに入れてもらえる。甘美)
•広いテーブルでゆったり座れる。
•空調調節し放題
•ベッド完備。
•猫カフェにもなる。

………おうちサイコーじゃん。。

別記事で書きますが、懇親会後に初対面の二人とカフェに入ったのですが、その時はMac持って来てよかった!できればネットに繋がれば良かった(;´༎ຶД༎ຶ`)となるくらいお勉強会的な雰囲気になったのですね。ネットが繋がればもっとお二人が為になる説明ができたのに!!と激しく後悔しました。カフェで得られる成果ってそういう事だよね。

待ち合わせの合間の時間にMailチェック、資料の確認、整理。
家じゃ捗らないので外に出て頭をリフレッシュしながらブログ執筆。

成果が出ていれば何処でも良いんです。


家に帰ってからじゃこの記事は書けない。と判断して帰り際のコーヒー屋さんで一本書く。
自分にとって、今最良の選択がスタバなら、iMacを持ち込んでドヤ顔している暇もなく仕事したって良いと思う。

そこを履き違えないで欲しい。という立花さんの暖かいメッセージだと受け止めました。

今のところ家が一番環境が良いのでモバイルルーターは現在契約中のモノは持っていません。

「会社が嫌」だけで独立しない

僕が若い方の部類に入るかは判断が分かれるところですが、これは耳の痛い話。
仕事は嫌じゃないけど会社は嫌だな。
いつか来る「その日」に備えてひたすら準備、勉強、交流、をして行きたい。
負の感情で動くと痛い目にあうと僕は感じております。

どうせならポジティブな正の感情で衝動を突き動かしたい。何を言っているのかわかりませんが。。。

他にも、大事な事。

•会社は勉強の場。吸収できる事はする。
•独立した瞬間に「プロ」になれるか?
•一つ仕事を成し遂げてから独立しよう。

このへんが単に独立を煽る方とは別次元な所。
失敗して欲しくないからこそ、今の会社から得られる事を沢山得て欲しいからこその言葉かと。

サラリーマンを辞めてフリーになる方法を学びに行った次の日にさっぱりした気持ちで会社に行けるなんて幸せだと思う。

ワークセッション。フリーになった時の名刺の肩書きを考える。制限時間10分

名刺に書く肩書き。当日の朝に名刺を作って結局決まらなかった事なので恐ろしく焦る。しかも収入に結びつく事で……しょ?

無茶なお題ですが、これこそがマインドセットといって自分の意識を数段上に押し上げる大事な手法。(あってる?)

立花さんは毎朝起きてすぐに、やりたい事と、やりたくない事を非公開ブログにアップしている。ここでもiPhoneが大活躍。

肩書き=自分の人生で本気で取り組みたい事。

これは徐々に変わってもOK。でもしばらくは同じ内容が続いているので心境の変化を視覚化するという意味と、自分の夢、やりたい事を毎朝強く想う事が日常化されるので、夢にむかって確実に動く事ができる素晴らしい取り組みかと。なるほど。

普段やらない事だし、結局自分が何をやりたいのか未だにわかっていなかったり。

しかし時間制限の中絞り出しました。

ドラムパフォーマー

言っちゃった。。。。。

しかし優しい皆さん。食いついてくれました。

一応貼っておくか……。。。

こんな事やってますと。

普段全く叩いてなかったりするけど、ブログやアプリ開発で生活費を稼ぎつつ、全国回れたら幸せかなぁ。とこれまたぼんやり考えていたり。ぼんやり。

ぼんやり。

結論。突出せよ!!

誰かと競争するわけでは無い。

個人での作家さんがもてはやされている。→WEB時代の出来る事。

ひとつを深堀する。そこから横に広げる。。

準備にかかる期間は人それぞれ

とにかく小さく立ち上げ徐々に大きくする。

人と比べる事無く、自分を突き出す。これはこの人だよね?と言われるものを持つ。


おわりに。

推薦図書を紹介や、立花さんの独立から今までの事細かな仕事内容、お金の事、ブログの収入など事実、参考になりまくる講演でした。

こりゃ関東圏以外からも来ますよ。。。

この後の懇親会のお話は次のエントリーで!!

下記ボタンからRSS登録をすると最新記事を見逃しません。
follow us in feedly

About kentaro_jp

ここまで読んでくれてありがとうございます。 橋本 憲太郎ともうします。 1983年生まれのO型。札幌生まれ札幌育ち、現在埼玉在住。沖縄が実家。なにを言っているかわからないが、そういうことだ。 詳しくはコチラをどうぞ→プロフィールを見る

Comments are closed.